こんにちは、ゆきねこです。

現在、SPAで個人的な開発を進めていますが、学ぶことが多いなと思ったのでシリーズ化して書いていこうかと思います。

まず、SPAのインストールまではこちらの記事を元にします。

セッティングできた状態から開発していきたいと思います。

ルーティングの設定

まずはルーティングからかなということでproject/src/router/index.jsを開くと以下のようなコードがあります。

import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'
import HelloWorld from '@/components/HelloWorld'

Vue.use(Router)

export default new Router({
  routes: [
    {
      path: '/',
      name: 'HelloWorld',
      component: HelloWorld
    }
  ]
})

このroutesにルートを変更します。

とりあえず、HelloWorldをTopに変更してこんな感じにします。

import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'
import Top from '@/components/Top'

Vue.use(Router)

export default new Router({
  routes: [
    {
      path: '/',
      name: 'Top',
      component: Top
    }
  ]
})

importの所は忘れがちですね。

次にproject/src/comonents/HelloWorld.vueをTop.vueに変更して中身をいじります。

<template>
  <div class="hello">
    <h1>{{ msg }}</h1>
    <h2>メニュー</h2>
    <ul>
      <li>
        <a href="">
          メニュー1
        </a>
      </li>
      <li>
        <a href="">
          メニュー2
        </a>
      </li>
      <li>
        <a href="">
          メニュー3
        </a>
      </li>
      <li>
        <a href="">
          メニュー4
        </a>
      </li>
    </ul>
  </div>
</template>

<script>
export default {
  name: 'Top',
  data () {
    return {
      msg: 'Top画面'
    }
  }
}
</script>

<!-- Add "scoped" attribute to limit CSS to this component only -->
<style scoped>
h1, h2 {
  font-weight: normal;
}
ul {
  list-style-type: none;
  padding: 0;
}
li {
  display: inline-block;
  margin: 0 10px;
}
a {
  color: #42b983;
}
</style>

そうするとこんな感じに変化します。

今日のところはこんな感じですかね。

カテゴリー: その他もろもろ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です